2008年12月15日

「派遣切り」報道に思う

お久しぶりです。派遣生活.comのみるくです。

最近、毎日のように報道されている「派遣切り問題」。

多くの派遣社員の方が解雇または契約解除を言い渡されているとのことです。

派遣社員の一人として、大変心が痛いです。

特に、製造業でその傾向が著しいようですが、中には社宅・寮を出なければならないという方もいらっしゃって、きっと現実を受け入れるのが難しいのではないかと思います。

このブログをご覧の方にも、「派遣切り」に遭った、という方がいらっしゃるかもしれません。

「明日からどうしよう」と途方に暮れていらっしゃるかもしれません。

本当に辛い状況だと思いますが、でもよく考えてみると、辛い状況に立たされているのは派遣社員だけではないようです。

内定取り消しを受けた大学生の皆さん、リストラされてしまった正社員の皆さん、大企業からの契約が打ち切られ、会社存続の危機に立たされている請負会社の社員の皆さん…。

確かに、正社員と比べると、派遣社員のほうが解雇(契約解除)されやすいと思います。

でも、まわりを見回すと、派遣社員に限らず、正社員の方も含め、他のいろんな立場でお仕事されている方が現在の不況のあおりを真正面に受けています。

この不況の中、「自分は絶対大丈夫」と安心している人は、派遣社員でなくても、そんなにたくさんいらっしゃらないと思います。

派遣社員として働く私も、正社員で働く私の家族も、いつどうなるかは全くわかりません。

正社員で働く人も定年まで働けるかどうかわからない時代です。

「自分だけ…」「派遣社員だけ…」と思わないでくださいね。

でも、たとえみんなが苦しんでいるからといって、それだけでは明日から生活していけません。

それで、これから少しずつ、この「派遣切り」を乗り越えるための、私からの小さな提案を書いていきたいと思います。

(毎日は無理かもしれませんが、それはお許しくださいね。)

※たくさんの方に派遣に関する質問や相談メール・コメントを送っていただいておりますが、当サイトでは現在、派遣相談は受け付けておりません。送って頂いてもすべてのメール・コメントにお答え致しかねます。大変申し訳ございませんが、ご了承ください。

posted by みるく at 15:47| Comment(0) | 派遣労働にまつわるエトセトラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月23日

関東圏在住の、女性派遣社員の皆様へ

こんにちは。派遣生活.comのみるくです。

以前、大阪で行われた、派遣ジョブ主催の無料セミナーが東京でも開催されることになりましたので、こちらのブログでもお知らせさせていただきます。


【日時】
2008年10月18日(土)14:00〜16:30
【場所】
新宿NSビル3F
【内容】
第一部「派遣のメリット・デメリット」
第二部「相手も自分もハッピーに!働く女性のための会話術」


皆さんの周りにも「この人、会話上手な人だなぁ」と思う人がいませんか?

大げさでなく、お世辞でなく、ごく自然にさりげなく相手のことを褒めることの出来る人だったり、こちらの話をよく聴いてくれて、きちんと考えて返事してくれる人だったり。

「会話上手な、素敵な人だなぁ…」って思われる人を目指したいですね!


さて、こちらの無料セミナーは先着50名様限りです。ご興味のある方は是非足を運んでみてくださいね。

無料セミナーの詳細・お申込みはこちら


posted by みるく at 17:36| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月29日

グッドウィル廃業に思う

こんばんは。派遣生活.comのみるくです。

皆様、ご存知の通り、派遣会社のグッドウィルが廃業となりました。

いろいろな違法行為が報道されましたが、それがすべて本当だとすれば、この結果は仕方ないものかもしれません。


派遣会社も企業ですから、利益を追求することは当然です。でも、利益を追求するあまり、違法行為や顧客の信用を失わせる行為に走ってしまうと、一時的には利益が増えることがあっても、必ずいつか地に墜ちると思います。

良いサービスを提供し、顧客の信用を得、良い評判を得、多くの顧客を得て、利益を上げる。そのような会社が大きく成長し、本当に長く続くのではないかと思います。


良い例として、ナショナル・パナソニック製品を作っている松下電器を挙げることができると思います。

他社の製品より価格は高くても、信頼のおける製品やサポートを提供しているので、多くの消費者がナショナル・パナソニック製品を選びます。そして、日本では家電のNo.1人気メーカーとしての評価を得ています。

また、失敗したときの対応も良い評価を得ました。少し前、製品に重大な不具合が見つかったとき、言い訳したり、隠したりすることなく、大々的にお詫びのCMを流し、消費者が十分納得する対応をしました。その対応の良さゆえ、さらに信頼を勝ち得る結果になりました。

派遣会社も、安易に低価格で競争するのではなく、企業や派遣社員に対して、本当に満足してもらえるサービスを提供するなら、企業からも派遣社員からも喜んで選んでもらえる会社になると思います。


グッドウィルの廃業をきっかけに、今後、私たち派遣社員がより良い環境で働くことができるようになれば、と思います。

最後に、グッドウィルで働いておられた派遣社員の皆様、また事情を何も知らされず、一生懸命働いておられたグッドウィル社員の皆様が、次は良いお仕事に恵まれますよう、心より願っております。

派遣生活.comはこちら



posted by みるく at 22:42| Comment(0) | 派遣労働にまつわるエトセトラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月02日

関西圏在住の、女性派遣社員の皆様へ

こんばんは。派遣生活.comのみるくです。

今日は、派遣ジョブ主催の無料セミナーについてお知らせをさせていただきます。

<女性限定>
「相手も自分もハッピーに!
 働く女性のための会話術」

日時:7月5日(土)14時〜16時
会場:ハービスOSAKA 6F
   ハービスPLAZA貸会議室4〜6

上手に会話できるというのは、とても素敵なことだと思います。仕事ではもちろん、プライベートでも友達と仲良くやっていくのに、とても大切なことですよね。

実は私は、話好きなのに話し下手。
ときどき、良かれと思って発した言葉が、誤解を招いたり、相手を傷つけたりしたことが何度もあります。

どんな会話をするかによって、相手を幸せな気分にしたり、逆に不幸に陥れてしまったり…。会話って本当にすごい力を持っていると思います。

周りの人を幸せにできる、素敵な会話ができるよう心がけていきたいと思います。

さて、上記セミナーは先着60名です。
関西圏にお住まいの、女性派遣社員の方はぜひ上手な会話術を習得してくださいね(*^_^*)

無料セミナーの詳細はこちら


posted by みるく at 22:18| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月26日

雇用申し込み義務とは何ぞや?

コメントを下さった、クマさんへのお返事です。
コメント欄では書ききれなさそうでしたので、改めて新しい記事とさせていただきます。

まず、クマさんのコメントですが…
「私は今同じ派遣先で5年目です、派遣法の改正で26業務は無制限と聞きました。私は一般事務で、もちろん電話応対、お茶くみあります、一年程前、派遣先の上司より社員になれるよう推薦をもらいました、人事は本社ということで、紹介派遣選考という形で本社まで行き、試験を受けました、結果は不合格。しかしその後も続けて欲しいといわれ派遣社員として更新しました。本社では必要ないといわれ、支店では必要といわれ、少し矛盾を感じます。雇用の申し込みの義務はあっても、正式雇用の義務はないのでしょうか。」
というものでした。

私も、100%正確なことは解らないのですが、クマさんの業務が、26業務ではない一般事務(派遣期間の制限がある業務。期間は最長でも3年。)であるとして、5年間、ずっとその同じ業務内容で働いてこられたとすれば、派遣先には「雇用申し込み義務」が生じると思われます。

参考ページ:派遣生活.com「直接雇用、派遣先で正社員になる」

じゃあ、ひとことで「雇用申し込み義務」って何か?と言うと、たぶん派遣先が該当する派遣社員に「うちで(直接雇用で)働きませんか?」と声をかけることだと思うのです。

もちろん、私たち派遣社員はその申し出を断ることもできますが、希望するならそのまま直接雇用されるはずです。(但し、正社員でなくても可。)

クマさんの場合、「紹介派遣選考という形で試験があった、しかも不合格」とのことですが、私が思うに、ここで試験があるというのがそもそもおかしいと思うのです。

クマさんが「雇用申し込み義務」の条件に当てはまるとすれば、試験などせずに、直接雇用を申し出ないといけないと私は理解します。

ただ、そのことを直接、派遣先に言って、すぐに正社員として受け入れてくれるとは思えません。

私が考える、クマさんの選択肢としては、以下の2つがあります。
1.特に正社員にこだわらず、今の会社で働き続けたいなら、今の状態のまま働き続ける。
2.できれば正社員になりたいということなら、労働局など第3者に相談してみる。(但し、実際に第3者に介入してもらい、状況を改善することになると派遣先との関係に溝が出来てしまう可能性も…?)

とりあえず、派遣先が派遣期間制限違反かどうか、(=本当に雇用申し込み義務が生じているかどうか)こちらの名前や社名など伏せて、労働局に電話で確認してみるだけでもいいかもしれませんね。

また、最初に派遣会社と交わした契約書に、正確な表現は分かりませんが、「派遣期間制限のリミットとなる日」なるものが書かれている場合もあるそうですので、もしお持ちでしたら、そちらも確認してみられてはいかがでしょうか?また契約上、26業務になっていないかどうかも、念のため、確認してみてください。

いろいろ腑に落ちない点はあると思いますが、クマさんが実際に働いている支店では、クマさんを必要としてくださって、その働きを十分評価してくださっているようですね。とても嬉しいことです!

その点では、もっと自分に自信を持って良いと思います。

5年も同じ職場で働いておられるということは、きっととても働きやすい素敵な職場なんでしょうね。うらやましいです。どういう形にしても、ずっと働き続けられるといいですね!(*^_^*)


posted by みるく at 18:36| Comment(0) | 直接雇用申込み義務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。