2005年06月01日

派遣なのに請負契約?

5/31(火)、本サイト「派遣生活.com」の方へ男性派遣社員の方からご質問をいただきました。今回も少し難しい内容だったので、こちらのブログで回答させていただきます。

「派遣で仕事をしていますが、契約が請負になっていて、保険はすべて個人負担、有給休暇も取れません。本当に取れないのでしょうか?」といった内容の質問でした。

まず、契約が請負となっていて保険が個人負担ということですが、あなたと派遣会社との契約が個人事業主扱いになっていると思われます。個人事業主扱いであれば、保険は個人負担で有休などもないようです。

ただし、事業主扱いの場合、注文通りの仕事を行えるのであれば、あなたは会社に束縛されず、自分のやり方で仕事が行うことができます。何時に出勤してもかまいませんし、いつ休みを取ってもいいのです。自分で自由に仕事ができるのです。

でも、もし、仕事についての具体的な指揮命令を受けていたり、「9時から17時勤務」「平日出勤、土日休み」などと細かく会社に管理されているのなら、それは個人事業主ではなく、実際には雇われている労働者になります。

もし、現在の状況が後者であれば、会社側は派遣法逃れのために個人事業主扱いにしている可能性があると思います。この場合、状況を改善してもらったほうがよいと思います。公的機関に調査してもらい、実際は労働者として扱われていたということが分かれば、今までの保険負担分も請求することが可能になるそうです。労働者となれば有給休暇も取得できるようになります。

相談できる公的機関としては、職安または労働基準監督署になるかと思います。
派遣会社に交渉してもいいかもしれませんが、あなたが上記の点を指摘したことで、契約を解除されてしまう可能性もあるかもしれません。(もちろん雇われている労働者という実態があれば、それも違法行為になると思いますが、個人事業主という扱いではいつでも契約解除が可能のようです。)

私の個人的な意見では、直接公的機関に相談するほうがいいような気がします。
公的機関は労働者の味方になってくれますので、どうか頑張ってみてください。

この状況が早く改善されるように願っています!


posted by みるく at 16:32| Comment(2) | 請負契約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。