2010年06月14日

「契約更新なし!」

「派遣生活.com」のみるくです。

まず、当サイトの状況についてです。

大変申し訳ございませんが、現在当サイトでは、派遣の悩み相談メールは受け付けておりません。

「相談メールは受け付けていません」とサイトにもはっきり表記しておりますが、時々メールを送ってくださる方がいます。

大変辛い状況を誰かに聞いてほしい、というお気持ちは痛いほどわかるのですが、一人の方にお答えしてしまうと、他のすべての方に公平にお答えしなければならなくなり、現在の状況では私ひとりで対応することが非常に難しい状況です。

それで、現在は相談メールを送っていただいてもお返事は致しかねますので、どうかご理解をお願いいたします。

尚、ご相談内容の中には、すでにやさしい派遣法の中で、事例として掲載しているものと非常によく似たケースの方も多くいらっしゃいます。

どうかそちらを参考にして、ご判断いただければと思います。

ただ、「特に返事がなくても良い」という方は、ご意見の一つとして「こんなことがあった」とメールを送ってくだされば嬉しく思います。

その内容が、「これは他の派遣社員の方にも役立つ!」と判断したケースにつきましては、サイト内にお返事として掲載させていただくことがあるかもしれません。

大変勝手なお願いではありますが、どうぞよろしくお願いいたします。


さて、最近頂くメールの中には、「契約更新されなかった」という方が多いように思います。

長期契約で派遣されていた場合、こちらとしては大変困りますよね。

もしそのような方がいらっしゃいましたら、契約更新、契約解除のページをご参考になさってください。

そして、派遣先や派遣会社が、たとえどんなにひどい態度をとったとしても、こちら側は決して会社に責められる部分を作らないよう、毎日、自分に与えられた仕事を完璧にこなしていきましょう!与えられた仕事以上のことを行なうことができればさらに良いですね。

そして、派遣先や派遣会社の人と話し合う時は、決して感情的にならず、「そんなひどい対応をするなら」と仕返しのような態度をとらないように気をつけましょう!

そんなことをしてしまったら、「こんな人辞めてもらってよかった」なんて思われてしまいます。

たとえ仕事を続けることができないとしても「あの人に辞めてもらって惜しいことをした!」と残念がられるくらいの人を目指しましょう!

この世の中、「こちらは何にも悪くないのに、なんでこんな目に会わないといけないの?」と思うことがたくさんあります。

でも、どんな目にあっても、真面目にしっかり仕事をしていれば、必ずその働きぶりを高く評価してくれる会社に出会えると思います。

まだまだ不況が続いていますが、お互い、毎日自分のやるべきことをしっかりこなしていきましょうね!
ラベル:派遣
posted by みるく at 12:11| Comment(0) | 契約の解除 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月29日

休業手当と解雇予告手当は両方もらえる?

お久しぶりです。派遣生活.comのみるくです。

11月は仕事とプライベートと両方忙しく、気が付けばブログの更新が1ヶ月ぶりです。

今年もあと1ヶ月ですね。来月はますます忙しくなりそうな気配です(>_<)

さて、皆さんから頂いているメールのご紹介が溜まっていますが、マイペースでレポートしていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。m(__)m

今日は、派遣社員のりょうこさんから送って頂いたメールをご紹介させて頂きたいと思います。りょうこさん、メールありがとうございました。

「11月末までの契約の仕事を、仕事がないという理由で、9月末までで契約解除されました。派遣会社との話し合いの結果、次の仕事に就くまでは、残り期間のお給料全額を支払って頂けることになりました。ただ、一つ気にかかっていることがあります。「9月末でお仕事がなくなります」と私に伝えられたのが9/6で、30日より前に仕事の終了を伝えてはもらえませんでした。解雇予告手当てというものがあると思うのですが、派遣会社には休業手当をもらうと解雇予告手当てはもらえないと言われました。色々なホームページを見ましたが、同時にもらえると書いてあったのは一つだけで、他はそのことについて何も書いてありません。ぜひ、教えて頂きたく、メールさせていただきました。」

予期しない契約解除でびっくりされたのではないでしょうか。お仕事が続けられなくて残念です。でも、契約期間のお給料は保障されたようで、ひと安心ですね。

さて今回のご質問の件については、あまり情報がなく、あくまでも私が理解した範囲内で、100%正確な情報ではないかもしれません。まずはその点をご了承頂き、お読みください。

メールを拝見したところ、りょうこさんは次の仕事が見つかるまで、11月末までのお給料を全額支払ってもらえるんですよね?

それでしたら、たぶん派遣会社は解雇予告手当を別途支払う義務はないと思います。

解雇予告手当は、労働者が解雇されるときに、急に生活に困ることがないよう、解雇予告後30日間の給与は保証されますよ、というものです。

もしりょうこさんが9月末に解雇され、10/1から無給の状態になるのでしたら、労働法に従い、10/1から10/6までは解雇予告手当が支払われます。でも今回の場合、会社としては、10/1から10/6も含め、11月末までのお給料は全額支払うので、労働者に対する契約義務は果たしていると思われます。

でも、これはあくまで私が個人で調べて、理解したことですので、もし100%正確な情報をお知りになりたい場合は、各都道府県の労働局へ問い合わせしてみてください。

でも、解雇予告手当だけ支払って、契約満了までの責任を逃れようとする派遣会社が多い中で、契約満了までの給与を全額支払ってくれるというりょうこさんの派遣会社はとても良心的だと思います。

良いお仕事が早く見つかるといいですね(*^_^*)
私も影ながら応援しています。

派遣生活.comへはこちらから



posted by みるく at 14:27| Comment(0) | 契約の解除 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月17日

仕事が暇すぎて辞めたい

こんにちは。派遣生活.comのみるくです。

暑い日が続いていますが、皆様お元気でしょうか。

さて今日は、ご質問を送ってくださったPOOHYOKOさんからのメールを要約の形でご紹介させていただきます。

「派遣社員として働き始めて1年半経ちますが、仕事が非常に暇で悩んでいます。仕事の指示が全くといっていいくらいないのです。一日何もしないで席に座っているだけの日が続いています。「何か指示をください」と言っても駄目で、自分でも掃除など気が付くことはしていますが、限りがあります。また秘書業務で採用されてはいますが、実際はお茶くみや電話対応が主になっています。このような状況が続くようであれば、契約を終了したいのですが、これ以外に辞めたい理由がなく、辞めたいと言い出しにくく感じています。ご意見お聞かせください。よろしくお願いします。」

現在、お仕事が大変暇で悩んでおられるとのこと、暇なのはよさそうに見えて、実は忙しいことより辛いですよね。私も暇な日は忙しい日より疲れます。

まず「秘書」という業種について調べてみました。
「秘書の業務」は派遣26業務の一つです。

【7号 秘書の業務】
秘書関係(令第4条第7号)

法人の代表者その他の事業運営上の重要な決定を行い、又はその決定に参画する管理的地位にある者の秘書の業務

イ 取締役又はこれに準ずる者の秘書として文書の作成、受発信管理、資料・情報の整理及び管理、関係部門との連絡調整、スケジュール表の作成、来客の応対等を行う業務をいう。

ロ 単に来客に対するお茶の接待、会議室の準備、文書の受発信等のみを行う庶務的な補助業務は含まれない。

すべての状況を知っているわけではないので、確実なことは言えませんが、POOHYOKOさんのお仕事は契約上は「秘書の業務」となっていると思いますが、実質は26業務ではない、一般事務になっているような気がします。突き詰めていくと契約違反かもしれません。

もちろん、だから今すぐどうこう言うことはないかもしれませんが、最終的に辞める理由の一つとしてあげることはできるかもしれません。でも言わずに済むならそのほうが円満に辞められるかもしれません。

また「辞めたい」と言い出しにくい、とのことですが、契約終了も言い方によっては丸く収まると思います。例えば、「仕事が少ないから、暇だから嫌だ」というと角が立ちますが、「キャリアアップ目指して、こういったお仕事に転職したいんです」というように前向きな目標を前面に出すと、イメージは悪くないと思います。

とりあえず今の暇な状況を改善するための一つの案ですが、例えば、会社の許可を得て、暇な時間に秘書検定の勉強をし、資格を取得したあと、資格を活かせる会社に転職するというのもいいかもしれません。もちろん他の資格でもいいと思います。

私の友人(派遣社員)もPOOHYOKOさんと同じような経験があって、何度お願いしても仕事を全然くれないので、会社の許可を得て、暇な時間に資格取得の勉強をしていたそうです。

また、辞める辞めないは別として、まず派遣会社の人に相談してみるといいと思います。それで、何も対応してくれないようなら、上記のように将来的に辞める方向で動くといいと思います。

ただ、自分から辞めるというと失業保険を受け取るまでに3ヶ月の給付制限を受けるようになるので、辞めることを話すときは次の仕事が決まってからのほうがいいかもしれません。

もしくは、各地の労働局に設置されている労働相談センター等に契約違反の可能性についての相談をして会社都合で辞められる様にアドバイスをもらうこともできるかもしれません。

それにしても、今のような職場で1年半、すごく辛抱されてきたと思います。私個人としては、派遣社員としては一つの派遣先で1年以上続けられたら、いいんじゃないかな〜と思っています。

忙しすぎて体がついていかないのも辛いですが、暇すぎてすることがないというのもかなり辛いと思いますので、辞める理由(本音)としてはアリだと思いますヨ。

POOHYOKOさんが今後充実したお仕事ができるよう心から願っています!

派遣生活.comへはこちらから



posted by みるく at 16:11| Comment(8) | 契約の解除 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

「急な異動…辞められる?」

こんにちは。派遣生活.comのみるくです。

現在、レンママ様、いちご様、maki様にお返事をお待ち頂いております。もうしばらくお待ちください。

さて、3/18にメールを送っていただいたしじみ様への回答レポートです。

まず、質問メールの内容をご紹介します。

「ある企業の姉妹社的な派遣会社にいます。派遣先は100%その姉妹社企業です。今週月曜日になって突然三日後には派遣会社内の一般事務に異動するように通告されました。しっかり根回しもされており、断ることもできませんでした。今月末に出産の為に辞められる方の後続なのだそうですが、今まで工場の現場事務しか経験のない私に、社会保険や給料などの総務・経理的な事をやれというのです。まったく経験のない私に、しっかり引き継ぐ日数もなく、仕事もゆっくり覚えていけば良いよという感じです。周りのサポートも期待できません。辞める方向で考えているのですが、契約期間が残っています。問題はないのでしょうか。」

近頃、派遣社員でも異動の話をよく聞きますが、本来なら本人の意思を確認せず、勝手に契約内容(業務内容等)を変更することはできません。

契約内容と違う仕事をやらされる、ということでしたら、会社側が契約違反をしたわけですから、契約期間の途中でも契約解除が可能のようです。

もしくは、契約を守ってもらう方向で考えると、契約期間中は契約通りに働かせてもらうか、残りの契約期間の賃金を請求することもできるかもしれません。

しじみさんがとにかく契約解除したい、とのことでしたら、とりあえず派遣会社に「業務内容の変更についていけないので辞めたい」と契約解除を申し出てください。契約解除に応じてくれない場合、各都道府県の労働局に設置されている労働相談窓口などに相談してみてください。

余談ですが、しじみさんの派遣会社は「専ら派遣」にあたるかもしれません。(専ら派遣とは、特定の会社にだけ派遣する目的で派遣事業を行う、違法行為です。)

傍から見れば、専ら派遣かどうかはわかりませんが、もしそうであれば、厚生労働省からの是正勧告があり、それでも是正しない場合は、派遣事業許可の取り消しもあり得ます。

あくまで私の意見ですが、これを機に派遣会社を変えられるのもいいかもしれませんね。

ちなみに雇用保険を6ヶ月以上払っておられましたら、失業保険もでますので、会社都合で離職票を発行してもらってくださいね。

しじみさんが次は良いお仕事とめぐり合えますように!

派遣生活.comへはこちらから



posted by みるく at 14:49| Comment(0) | 契約の解除 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月18日

「異動しなければ更新なし」…会社都合?

こんばんは。派遣生活.comのみるくです。

現在、回答をお待ち頂いている方は、tamago様、しじみ様です。申し訳ございませんが、今しばらくお待ちください。

3/16、桜花様から質問メールを頂きました。ありがとうございます。早速、質問内容をご紹介いたします。

「3月末で派遣契約更新時期となるのですが、派遣担当者から一旦更新できますという返事をもらった数日後に、異動してほしいと言われました。私は今の部署で働きたいので異動したくありませんが、異動しないと更新できないとのことだったので、契約満了で退職するつもりです。この場合、自己都合になるのでしょうか。それとも会社都合ですか?」

離職理由が自己都合になるか会社都合になるかは、最終的に職安が判断しますので、100%確実な答えはわかりませんが、会社都合になる可能性はあると思います。

例えば、業務内容(仕事内容)が全然違うとか、就業先の住所が変わって通勤時間がかかるとかだと、ほぼ会社都合になると思いますが、業務内容も同じ、住所も同じ、その他労働条件もほとんど変わっていない場合は、会社都合にしてもらえない可能性もあると思います。そのあたりの最終判断は職安になりますので、よかったら管轄の職安に電話で聞いてみてください。

でも、「更新できる」と言っていたのに、急に「異動できなければ更新なし」というのは少しおかしいですよね。まずはなぜ異動しなければならないかという理由を派遣会社に聞いてみてはいかがでしょうか?

また今回の件について何か理不尽なことを感じているのであれば、各地に設置されている労働相談センターなどに相談されるのも良いかと思います。何か良い対応策を教えてくれると思います。

また、何かわからないことがありましたら、いつでもメールしてくださいね。

派遣生活.comへはこちらから



posted by みるく at 22:39| Comment(0) | 契約の解除 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。