2010年07月16日

派遣社員が時給をアップしてもらうには?

今日は、コメントを書いて頂いた、みーめさんの疑問についてご紹介させていただきます。


「派遣で一年以上勤めたら時給のアップを求めれば派遣元は要求に答えなくてはいけないのですか?」

という疑問なのですが…。


私の勉強不足かもしれませんが、私の知識としましては、今のところ派遣元にそのような義務があるとは理解していません。

お友達からそのように聞かれた、ということですが、お友達の情報源はインターネットでしょうか?
私も含め、法律の専門家ではない人が書いているホームページやブログには、正確でない情報が多々ありますので、ご注意くださいね。m(__)m

もしそのような義務があったとしたら、すべての派遣社員の時給が上がって、とっても嬉しいですよね。(*^_^*)

でも、今のところは多分、そのようなことはないと思います。
最近では、不況の影響もあり、時給を下げられたという話も聞きますし、それどころか、契約を打ち切られたという話もまだまだ耳にします。

もしかしたら、お仕事を続けられるだけでも、幸せな方かもしれません。


ただ、明らかに時給を上げてもらわないと…と思える場合もあるかもしれません。

例えば…明らかに仕事や責任が増えたとか、派遣先が派遣会社に払う派遣料金は明らかに増えたのに、時給を上げてもらえなかったとか、最初の契約の時に昇給ありになっていた、他の派遣社員は定期的に昇給があるのに、自分だけない、などなど…。

人それぞれ、状況は違いますが、交渉するのは自由ですので、上記に当てはまる人も、そうでない人も、良いタイミングがあれば、ダメもとと思って、ぜひ交渉してみてくださいね。

交渉する良いタイミングとしては、

・契約更新時
(但し、1-3ヶ月更新の方は、頻繁に交渉すると嫌がられると思いますので、半年〜1年くらいおきが良いかと思います。)

・仕事や責任が大幅に増えたとき

などが、交渉しやすいかと思います。


また、間違いやすいのですが、時給を上げてもらう交渉先は、お給料を支払ってくれている【派遣会社】です。派遣先企業ではありませんので、お気を付け下さいね。

日頃から派遣会社の営業さんと良い関係を築いておくことも大切だと思います。

それから、私の経験上、交渉時はちょっと冗談ぽいくらいの、軽い感じで明るく話すのがコツです。(ただし、すぐには諦めず、若干ねばります。自分が頑張ったPRも兼ねて。笑)

その方が、話が深刻にならず、もしダメでも、お互い良い関係で仕事を続けることができると思います。

裏ワザ?としては、派遣先企業の責任者の人と仲良くなって、派遣料金を上げてもらえるように頑張ることもできるかもしれません。

また、派遣会社の株価の上昇などをチェックしておいて、上がっているタイミングで交渉するとか…私はしたことありません。上級者向きでしょうか。(笑)


不況が続く中、時給を上げてもらうというのは至難の業ですが、もし良いタイミングがあれば、みなさんもぜひチャレンジしてみてくださいね!
タグ:派遣 時給
posted by みるく at 22:43| Comment(0) | 時給・給与 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。